会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

10月のベリー類のお手入れ

1. 10月のベリー類

10月はクランベリーの収獲期です。
気温が下がるにつれ落葉樹であるベリー類は生育を停止します。
ツツジの仲間であるブルーベリーやクランベリーは、紅葉をし始め、それぞれが冬の準備に入ります。


2. 10月の管理

置き場:
よく日のあたるところへ。

水やり:
庭植えは乾燥しているときは定期的に水やりします。
鉢植えは鉢土の表面が乾いたらたっぷり。乾燥しないよう、株元のマルティングが飛ばないように気をつけて下さい。

施 肥:
いりません。

病害虫:
とくにありませんが、病虫害予防のために、株元の雑草を取り除き清潔を心がけましょう。


3. ブルーベリーの植え付け時期について

ブルーベリーもその他のベリー類も落葉樹なので、植え付けや植え替えは根や芽の成長が止まっている1、2月の休眠期に行うのが基本です。寒い地方では少し遅く3月に行います。
しかし温かい地方では、ブルーベリーでも収獲が遅く紅葉落葉も遅いラビットアイ系は、休眠に入らない10月のうちに植えつけておくと、春になってからの新梢の成長が早いようです。
今だとまだ葉が残った状態で秋苗が出ていますから、枝が太くて葉が大きいものを選んで、植えつけてみましょう。

植えつけるときの注意は、土壌を酸性にすること、品種の違う2種類以上を必ず一緒に、或いは周辺に植えることです。
なお、土壌の酸性化はピートモスを混ぜ込むことで行いますが、ラビットアイ系はハイブッシュ系にくらべ、酸性度は低くても大丈夫です。


4. ブルーベリーの仲間

ベリー類についてあまり書くことがない今月は、ブルーベリーの仲間が日本の山にもある、というお話をしましょう。
ブルーベリーは北米が原産のツツジ科コケモモ属の低木です。
山登りがお好きな方なら、コケモモ属という名を見ただけで、ああ、あの、と思い当たることでしょう。

コケモモの他に、ツルコケモモ、クロマメノキ、クロウスゴ、ウスノキなどが日本に自生しているブルーベリーの近縁種です。
ブルーベリーと同様、多くは実が甘酸っぱくて食用になります。
北半球の寒帯に生えるものが多く、樺太などではコケモモやクロマメノキ、クロウスゴなどを「フレップ」と呼んで親しみ、お酒を造ったりしています。

今度、中部以北の高山に登る機会があったら、足元を見てブルーベリーの仲間を探してみてください。山登りが2倍楽しくなること、請け合いです。夏の終わりから秋にかけては実も色づいていることでしょう。

・コケモモ
おなじみの高山植物。北半球の寒帯に広く分布しています。
10〜30cmの常緑小低木で、亜高山〜高山の日当たりの良いところに生えます。紅色を帯びた白のつりがね状のかわいい花が咲きます。赤い実は甘酸っぱく、ジャムやようかん、塩漬けにしたり、お酒を作ったりします。

・ツルコケモモ
やはり高山植物ですが、湿原にミズゴケなどと一緒に生えます。
常緑小低木。花の色は淡紅色で、コケモモ同様食用になります。

・クロマメノキ
これも高山植物で、10cmにも満たない小さいものから1mくらいの大きさになる落葉低木。名前にあるように実は紫黒色。
花は少し紅色を帯びた白で壺状。軽井沢ではアサマブドウと呼んでジャムを作るなど食用にします。

・クロウスゴ
同じく、高山植物で30〜100cmの落葉低木。花は白い壺状、実は紫黒色で表面に白い粉をふき、食べられます。実の形が名前にあるように、ウスのように真ん中が凹んでいています。
ブルーベリーに実の色も形もよく似ています。