会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。


7月のハーブのお手入れ

○7月のハーブ

梅雨が終わりに近づくと、湿度も温度も高くなり、地中には過剰 なほど水分がたまることになって、乾燥した地中海沿岸を自生地とする多くのハーブたちは気息えんえん。根ぐされで突然枯れることもあります。
梅雨があければあけたで、こんどはきつい日差しがこたえます。
よく注意して、ケアをしてあげましょう。 
一方、熱帯原産のバジル類やレモングラスなどは、よく生育します。

そのほか、この時期特有の害虫の発生に注意しましょう。


○7月の管理のポイント

置き場:
梅雨の間、地中海沿岸原産のラベンダーやセージ、タイム、ローズマリーなどは雨が当たらない風通しのよい台の上に。
梅雨明け後は、西日を避けられる、日当たりのよい戸外に。
地植えは水はけがよい場所が条件です。
     
水やり:
梅雨の間は、地中海原産のものはくれぐれも水のやりすぎ、過湿に注意しましょう。
梅雨があければ、乾きやすくなりますから、鉢植えは1日1回、地植えはしおれない程度の間隔で、早朝にたっぷりの水やりをします。
    
肥料:
暑さで弱る地中海原産のハーブたちには、施肥はしません。
そのほかは2ヶ月に一回を目安に、チッソ・リン酸・カリが同量の緩効性化成肥料を施します。

病害虫:別項をごらんください。


○植えつけ・植え替え、タネまき・さし木
    
この時期、さし木ができるのはミント類やレモンバームくらいです。
植え付けや植え替えは、これらのほかに熱帯原産のバジル、レモ ングラスなどでできます。
タネまきは25℃を超えると発芽しにくく、行いませんが、バジルなどは可能です。


○夏の害虫    

特有の香りなどで、比較的害虫がつきにくいのがハーブの特徴ですが、それでも、7、8月を中心とした季節はそれぞれに特有の害虫が現れます。

ナメクジ:
バジル、フェンネル、ナスタチュームなどの新芽を食害します。
苗の小さいうちや新芽をやられます。
鉢底や葉や茎のこみあった株元、周辺の石の下など、陰の湿ったところに潜んでいて、夜に出てきて活動しますから、そのあたりをチェックしたり、夜に出てきたところを捕殺しましょう。誘引殺虫剤も有効です。

カメムシ:
触ると独特の臭気のするカメムシは、セリの仲間の花に集まり、汁を吸うので実が結ばなくなります。
これも捕殺しますが、直接手では触らないようにしましょう。

キアゲハ:
はでな縞模様のアオムシですからすぐに分かりますが、葉をモリモリと食害します。
動きが鈍いので捕まえるのはかんたんです。


○イングリッシュラベンダーの収獲と利用

収獲は晴れた日の午前中、涼しいうちにしましょう。
ポプリやドライフラワーとして楽しむ場合は、花が開く前に刈りとって、茎のついたまま、花を下に向けて風通しのよいところで日陰干しします。
花の材料として利用するときは、7、8分咲きが適します。

生花をジャムやビネガー、葉は料理の風味付けにごく少量加えてみましょう。
花や茎のドライティーは美味しくて、たいへん優れた美容効果と薬効があります。ドライの花を生地に加えたカステラも素敵です。

もちろん、部屋の中においておくだけで芳香剤となるくらい。
ラベンダーの利用範囲は広いのです。


○バジルを長持ちさせて、夏中、楽しみましょう

トマトとの相性がよく、パスタにオリーブ油とからめて食べると最高!
バジルは夏でも食欲を出させてくれます。
このバジルの葉を、夏中柔らかくて香りのよい状態で収獲するに は、水を切らさないようにし、花を咲かせないことが大事なのです。
葉の裏側にも散水して、保湿するだけでなくハダニも防ぎましょう。
7月になると、花穂が次々と出てきますから、よく注意してかわいそうでも花穂はみんなつみとってしまいます。

1度にたくさん葉を収獲できたときは、オリーブ油や塩、ニンニクと一緒にミキサーでペースト状にして、冷凍保存をしておくと重宝です。