会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

寒い季節の観葉植物の手入れ

観葉植物の冬のお手入れ方法をご紹介します。

夏の間戸外に出していて、冬に向けて室内に取りこんだ観葉植物は、最初に鉢の汚れをふき取り、鉢底からはみ出した根を切り詰めます。この時、地上部も切った根の量に合わせて少し間引くと株が弱りません。置き場所は明るい日陰がベストです。窓越しに日光が当たる場所は暑くなりすぎるので、レースのカーテンなどで遮光します。また、一方向からしか光が来ない室内に長い間置いておくと、枝葉がそちらの方向に向いてしまい形が乱れます。時々鉢を回して調整しましょう。さらに、暖房器具のそばやオーディオなど熱くなる機器の上などには置かないように。温度が高くなりすぎ、葉や根を傷めてしまいます。そして、水遣りは控えめにし、冬の間は肥料をやらないようにしましょう。

耐寒温度は品種によってさまざまです。同じ観葉植物でも、10度前後で枯れるものもあればマイナス3度くらいまで耐えられるものもあります。室内ならどこでも大丈夫というわけではないので、その品種の耐寒温度にあわせて置き場所を決めます。日中は暖かくても夜間に冷え込む縁側や廊下、玄関、洗面所など、大きな温度差がある場所では弱るものが多いので注意してくださいね。