会員ログイン    新規会員登録    会員について

商品検索


商品サーチ

カテゴリ内から検索


園芸ネットの類似サイトにお気をつけ下さい。
弊社のネット上のショップは、園芸ネット本店(https://www.engei.net/)のほか、Yahoo! Shopping、Amazon、楽天市場の4店舗のみです。必ずURLをご確認ください。 弊社の画像を無断で使用しているサイトは、園芸ネットとは無関係です。 ご注文の際は、十分ご注意いただき、くれぐれも銀行振り込みなどはなさいませんようお願いいたします。

セントポーリア

セントポーリアはイワタバコ科セントポーリア属の常緑多年草で、室内花の女王と呼ばれます。レースのカーテン越しの日光と適温があれば、一年中次々と花を咲かせるアフリカ原産の多年草です。鉢植えや吊り鉢に適しています。成長するとかなり大株になるので、成長に応じて鉢を徐々に大きくしていくと見ごたえがあります。

○セントポーリアの主なタイプ
原種24種から生まれた園芸品種が数万種あるといわれ、毎年多数の新品種が生み出されています。原種は大きくロゼット種(葉がタンポポのように放射状に広がる)とトレイル種(地面を這うように長い茎を伸ばす)に分類されます。園芸品種は大きく下記のグループに分類されます。

普通種(スタンダード種・ロゼット種)
主に原種のイオナンタとコンフューサから作出された種類。茎が直立し、少しずつ伸長しながら葉を展開するため、ロゼットとなります。普通種のうち、サイズが小型のものはミニチュア種、セミミニチュア種と呼ばれます。

アルビノ種(斑入り葉・バリエゲーテッド種)
葉に白や薄いピンクの斑が入る種類。

トレイル種(トレーラー種)
茎がつる状に伸びる性質のもの。


<営利栽培品種>

ラプソディ種
ドイツのホルトキャンプ社で作出され、1968年に販売された品種シリーズ。一重か半八重で花がおちない、揃い咲きの品種が多いのが特徴です。

バレー種
ラプソディ種の改良種で、アメリカのフィッシャーで作出された品種シリーズ。

オプティマラ種
1970年代にアメリカで作出された品種シリーズ。

メロディー種
1980年代にアメリカのサニーサイドナーセリーがラプソディ種から作出した品種シリーズ。

イノーバ種
オランダのフマコ社が作出した品種シリーズ。



○品種特性及び栽培方法

生育適温:18〜25度
草丈:約10〜15cm
開花期:周年
植え付け適期:4月〜6月、9月〜11月頃
用途:鉢植え、テラリウム

排水のよい土を使って鉢植えにして育ててください。熱帯原産ですが夏の暑さには弱いので、夏は半日陰の風通しの良い場所が適しています。
冬季はなるべく15度以上を保ってください。寒さの厳しい季節は室内の明るい場所で管理してください。
株が大きくなリ過ぎると花つきが悪くなるので、5〜6月頃にさし芽で株を更新してください。葉に水がかからないように注意し、土が乾いたらたっぷり水を与えます。鉢土の水分が多すぎると根腐れを起こすので注意してください。なお、冬は室温より5度以内の温度差のくみおきした水をあげます。また咲き終わった花はこまめに摘み取ります。生育期のみ液肥の1000倍液を月2回施します。